スポーツ

楽天・松井は2億5千万円で更改 4年契約、来季は先発に転向

 契約更改交渉後、記者会見する楽天・松井=17日、仙台市内の球団事務所

 今季のパ・リーグで最多セーブに輝いた楽天の松井裕樹投手は17日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、4年契約を結んだ。来季年俸は1億4千万円増の2億5千万円プラス出来高払い。早ければ2021年にも国内フリーエージェント(FA)権を取得する。「FAを取っても楽天でやってほしいという誠意を感じた」と喜んだ。

 今季は68試合に登板して38セーブと、ともに6年目で自己最多の数字をマークしたが来季から先発に転向する。14、18年に経験があるポジションで「若いうちに長いイニングを投げることや打者との駆け引きといったスキルを身に付けたい」と話した。(金額推定)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス