政治

桜見る会名簿の精査方法回答せず 野党ヒアリングで政府

 内閣官房幹部は17日、首相主催の「桜を見る会」に関する野党追及本部ヒアリングで、招待者推薦名簿に関し基準に基づいて精査した後に内閣府に提出したと説明した。ただ精査の具体的な方法については「詳細は控えたい」と回答しなかった。政府は招待者の基準として「各界で功績、功労のあった人など」と説明している。

 ヒアリングで、預託商法などが問題視された「ジャパンライフ」元会長に招待状が送られた経緯を野党議員が質問。内閣官房幹部は「記録がないので、招待されたかどうかも含めて確認できない」と釈明した。

 名簿電子データ廃棄で、廃棄期日特定のため野党が求めた記録提出は拒否した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス