スポーツ

なでしこが優勝、E―1選手権 4大会ぶり、韓国を1―0で下す

 日本―韓国 後半、決勝のPKを決め、跳び上がって喜ぶ籾木(10)=釜山(共同)

 【釜山共同】サッカーの東アジアE―1選手権第5日は17日、韓国・釜山で女子の最終戦が行われ、日本代表「なでしこジャパン」は韓国を1―0で下し、3連勝の勝ち点9で2010年以来、4大会ぶり3度目の優勝を果たした。韓国は同4で2位。

 主導権を握った日本は好機をなかなか生かせなかったが、試合終盤に籾木(日テレ)がPKを決めて競り勝った。中国は台湾を1―0で退け、勝ち点4の3位。台湾は3連敗で最下位だった。

 男子の日本は18日の最終戦で韓国と対戦する。勝つか引き分けると3大会ぶり2度目の優勝が決まり、初の男女同時制覇となる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス