国際

米ビーガン特別代表が中国訪問へ 北朝鮮問題で連携確認

 米国のビーガン北朝鮮担当特別代表

 【ワシントン共同】米国務省は17日、日本訪問中のビーガン北朝鮮担当特別代表が19~20日に中国を訪問し、北朝鮮問題に関して協議すると発表した。当初は日韓の訪問のみが発表されていた。北朝鮮が対米交渉の期限に指定した年末が迫る中、中国とも北朝鮮対応で連携を確認したい考えがあるとみられる。

 ビーガン氏は15日から韓国を訪問し、文在寅大統領らと会談。韓国滞在中には異例の記者会見を開き、北朝鮮に対話を呼び掛けるなど、米朝協議の早期再開を目指している。

 17日から日本を訪れており、18日には外務省の秋葉剛男事務次官、滝崎成樹アジア大洋州局長と会談する見通し。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス