政治

立・国の衆院控室で「壁」を撤去 合流へ臆測も、来年1月完成

 衆院内で始まった立憲民主党と国民民主党の控室間の壁を取り払う工事。左は作業を見守る立憲民主党の安住国対委員長=18日午前

 衆院の立憲民主党と国民民主党の控室間の壁を取り払う工事が18日、始まった。臨時国会前に統一会派を組んだことに伴う工事だが、両党間では政党合流を巡る議論が進行中。合流推進派がムードづくりを急いでいるとの臆測を呼びそうだ。来年1月の通常国会召集前の完成を見込む。

 初日は業者が壁の板材を工具ではがす作業などを行った。作業を見守った立民の安住淳国対委員長は記者団に「これで会派として本格的に活動できるようになる。自公相手に戦うには、壁の一つや二つ、乗り越えないと駄目だ」と語った。

 対象の壁は、立民と国民の両国会対策委員会が隣り合う控室の間。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス