政治

連合会長、立・国合流協議で注文 立場の違い念頭「丁寧に進めて」

 会談する立憲民主党の枝野代表(右奥)と連合の神津里季生会長(左奥)ら=18日午前、東京都内

 立憲民主党の枝野幸男、国民民主党の玉木雄一郎両代表は18日、連合の神津里季生会長と東京都内のホテルで個別に会談した。神津氏は立民と国民の合流協議入りに理解を求めた両氏に「合流は望ましい姿だが、お互いの立場を尊重し、丁寧に進めることが極めて重要だ」と注文。原発政策などを巡る両党の立場の違いを念頭に「再びばらばら感、がたがた感を招くことがあってはならない」とくぎを刺した。

 神津氏の発言は、連合傘下の産業別労働組合(産別)の支持が両党に分かれていることが背景にある。同氏は次期衆院選に備え、候補者の一本化調整を加速させるよう求めた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス