スポーツ

サーフィンWG、五十嵐らが代表 女子は都筑ら、五輪予選兼ねる

 日本サーフィン連盟は18日、東京五輪予選を兼ねる来年5月のワールドゲームズ(WG=開催地未定)日本代表に、男子で五十嵐カノア(木下グループ)と村上舜、女子で都筑有夢路と松田詩野を選出したと発表した。この4人に加え、来年4月に開催されるジャパンオープンの男女優勝者が代表となる。

 同連盟の選考基準で、五十嵐と都筑は今年の世界ランキングで日本人最高位の条件を満たした。五十嵐は来年のWGに出場すれば五輪出場が決定。ともに条件付きで五輪出場権を得た今年のWGに基づいて選出された村上と松田は、来年大会の結果次第で五輪切符を手にする。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス