国際

韓国議長、元徴用工解決案を提出 寄付金支給、関係改善狙い

 18日、ソウルで開かれた展示会に出席した韓国の文喜相国会議長(手前右)(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国の文喜相国会議長は18日、日韓の企業や個人から集めた寄付金を元徴用工らに支給する法案を国会に提出した。来週の実施が調整されている日韓首脳会談を前に、最大の懸案である元徴用工問題の解決案を示し、関係改善の足掛かりにしたい考え。

 文議長と超党派の議員13人が共同提出。文議長は「悪化の一途をたどる韓日関係が、過去を直視すると同時に未来を志向する関係になるきっかけとなることを望む」とコメントした。ただ、元徴用工側からは日本の謝罪が前提になっていないと反発もあり、可決までには曲折が予想される。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス