国際

ロシア政権、スポーツ相に勲章 ドーピング問題で批判の中

 ロシア西部ニジニーノブゴロドで開催されたイベントの案内をするコロプコフ・スポーツ相(手前左)とプーチン大統領(同右)=10月(タス=共同)

 【モスクワ共同】タス通信によると、ロシアのプーチン大統領は、昨年のサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会を成功裏に開催したとして、コロプコフ・スポーツ相に勲章の授与を決めた。ペスコフ大統領報道官が18日明らかにした。ロシアはドーピング問題で国際的批判を浴び、国内の一部スポーツ選手からはコロプコフ氏の責任を問う声も上がる。

 世界反ドーピング機関(WADA)は9日、ロシア選手団を2020年東京五輪・パラリンピックなど主要大会から4年間除外する処分を決定。ペスコフ氏によると、勲章授与の大統領令署名は処分決定の前だった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス