国際

ウィーン名門バレエ校で喫煙推奨 体形維持求め、虐待の指摘

 【ウィーン共同】ウィーン国立歌劇場付属の名門バレエ学校で、未成年の生徒らに細い体形を維持させるために喫煙して空腹感を忘れるよう勧めるなど身体的、精神的虐待があったことが、オーストリア政府が設置した調査委員会の報告書で分かった。欧州メディアが18日伝えた。報告書は「子どもたちの健康が脅かされている」として改善を求めた。

 バレエ校には10~18歳の約130人が在籍。調査委は生徒らがトレーニング中に暴行を受け、体形を意識させるために名前と服のサイズで呼ばれていたと指摘した。

 18世紀に開校したバレエ校は世界的名門で、日本人が在籍していたこともある。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス