政治

海自中東派遣へ与党手続きが完了 公明幹事会が了承、閣議決定へ

 公明党は19日、中央幹事会を開き、海上自衛隊の中東派遣に関する閣議決定案を了承した。自民党は既に総務会で承認しており、与党手続きは全て完了した。政府は23日に閣議決定し、河野太郎防衛相が直ちに海自部隊に準備命令を出す方向だ。

 派遣は防衛省設置法の「調査・研究」を法的根拠としており、閣議決定を経る義務がない。公明党は活動に一定の歯止めをかけるため、閣議決定や国会報告の必要性を訴えてきた。

 閣議決定案では、活動期間を1年程度とし、更新するには再度の閣議決定や国会報告を義務付けた。不測の事態が生じた際は、武器使用が可能な海上警備行動を発令する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス