政治

茂木氏、共同活動加速化を確認 日本漁船5隻の早期帰港要請

 19日、会談場所のロシア外務省別館に入った茂木外相(左)とラブロフ外相=モスクワ(共同)

 【モスクワ共同】茂木敏充外相は19日(日本時間同)、北方領土問題を含む日ロ平和条約締結交渉を巡り、ロシアのラブロフ外相とモスクワで会談した。北方領土での共同経済活動の加速化へ向け、作業部会を来年1月に開催することで一致。茂木氏は北方領土周辺海域で日本漁船5隻がロシア当局に連行された問題を取り上げ、早期帰港を申し入れた。ラブロフ氏は、漁業者に日ロ間の協定を順守させるよう要請した。

 茂木氏は外相として初の訪ロで、平和条約交渉の責任者として本格的な交渉に臨むのは今回が初めて。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス