経済

東証、利益確定売りで69円安 様子見ムード、1週間ぶり低水準

 東京証券取引所=東京都中央区

 19日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。終値は前日比69円58銭安の2万3864円85銭で、1週間ぶりの低水準。米政治情勢をにらんだ様子見ムードの強い展開で、当面の利益を確定する売り注文が優勢だった。

 東証株価指数(TOPIX)は2・29ポイント安の1736・11。出来高は約11億6100万株。

 18日の米ダウ工業株30種平均の下落を受け、朝方から低調だった。円相場の円安ドル高基調を好感する買いが入って平均株価が小幅な上げに転じる場面もあったが、節目の2万4000円には届かなかった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス