政治

オスプレイ判断「早ければ年内」 木更津市長、暫定配備計画に

 陸上自衛隊の輸送機オスプレイを木更津駐屯地(千葉県木更津市)へ暫定配備する計画を巡り、同市の渡辺芳邦市長は19日の定例記者会見で、「(具体的な長さが明らかになっていない)暫定配備期間や地元の要望に対する防衛省の対応を確認しながら、早ければ年内か年明けを目標に受け入れるかどうかを判断したい」と述べた。

 防衛省は2020年3月末ごろまでに暫定配備を始める計画を示しており、渡辺市長は「市民は方向性を知りたいと思っている。できるだけ早く判断はしていかないといけない」と話した。

 暫定配備期間について、市議会は18日、5年以内とするよう政府に求める意見書を可決した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス