経済

当初予算案、20日に閣議決定 社会保障は過去最大35・8兆円

 政府は過去最大となる35兆8600億円程度の社会保障関係費を盛り込んだ2020年度当初予算案を20日に閣議決定する。社会保障だけで19年度当初に比べて約1兆7300億円増加しており、今後も増加傾向は続く見通しだ。

 安倍晋三首相は19日、官邸で開いた政府与党政策懇談会で、20年度当初予算案について「全世代型社会保障制度の構築に向けて高等教育の無償化、医療、介護分野の充実をしっかりと行う」と述べた。予算案の一般会計総額は当初として2年連続で100兆円を超え、102兆6600億円程度に拡大。全体でも過去最高を更新する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス