芸能・文化

薬師寺、天平時代の鐘に取り換え 奈良、来年5月中旬まで

 天平時代の鐘に取り換えられた薬師寺の鐘=19日、奈良市

 奈良市の薬師寺は19日、昭和の金堂再建(1976年)に合わせて造られた鐘楼の鐘を、1300年前の天平(奈良)時代の鐘(国重要文化財)に取り換えた。解体修理中の国宝東塔が来年春に落慶するのに伴い、鐘も同5月中旬まで設置する予定。午前5時と午後5時に鳴らすほか、31日午後11時から除夜の鐘を突くための整理券を配布する。

 薬師寺によると、鐘は銅製で高さ約2メートル、直径約1・3メートル、重さ約3トン。鐘の側面に室町時代にできたひびが残り「西ノ京破れ鐘」との名で親しまれてきた。午前10時から作業員がクレーンなどを使って作業。つりかえるのは約30年ぶりという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス