国際

習氏、マカオの愛国浸透を評価 香港けん制

 19日、マカオの夕食会で乾杯する中国の習近平国家主席(共同)

 【マカオ共同】マカオを訪問中の中国の習近平国家主席は19日、マカオ政府主催の夕食会で演説し、マカオ政府が愛国主義教育を推進し「一国二制度の成功に向けた思想的基礎を築いた」と評価した。マカオと同様の一国二制度下にある香港で中国への反発を背景にした抗議活動が続いていることをけん制したとみられる。

 習氏は「幅広いマカオの同胞」が愛国主義を民主や人権、法治よりも尊重すべき価値観だと位置付けたと称賛。さらに全ての学校で国旗掲揚や国歌斉唱を義務付けたこともたたえた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス