国際

英女王、来月末の離脱「最優先」 議会で施政方針読み上げ

 英議会の開会を前に着席するエリザベス女王=19日、ロンドン(AP=共同)

 【ロンドン共同】英与党保守党が大勝した総選挙を受け、議会は19日、本格審議に入った。エリザベス女王が政府の施政方針を読み上げ「来年1月末の欧州連合(EU)離脱実現が政権の最優先課題だ」と強調した。

 実現に必要な関連法案の可決を急ぎ、離脱後は「自由貿易協定(FTA)締結によって、EUと(新たな)関係構築を目指す」と語った。

 ジョンソン政権は20日に法案の審議を始める予定。保守党は総選挙で下院の過半数を獲得したため、1月末までに可決される見通しだ。

 政権は総選挙を前にEUと離脱条件で合意済み。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス