くらし

「緑の回廊」に私有林が初参加 生態系保全で、高知・安芸

 高知市で開かれた「緑の回廊」の連携協定締結式=19日

 四国森林管理局(高知市)は19日、野生生物の生息地域を国有林で結んだ「緑の回廊」に、高知県内の企業の私有林が参加することが決まったと発表し、連携協定の締結式を開いた。同局によると、私有林が入るのは全国で初めて。

 「緑の回廊」は林野庁が2000年に始めた事業。国有林の一部を回廊に設定することで、野生生物の移動経路を確保し、多様な生態系を保全するのが狙い。

 今回参加するのは、高知県安芸市の五位ケ森に約240ヘクタールの社有林を所有するニッポン高度紙工業(高知市)。社有林は同局が管理する約9千ヘクタールの「四国山地緑の回廊」剣山地区に隣接する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス