国際

日系企業、詐欺容疑で捜査 NZ、債権総額32億円

 【キャンベラ共同】ニュージーランドの捜査当局は19日、清算中の日系企業「イーストウインドグループ」について詐欺容疑で正式に捜査を始めたと明らかにした。地元メディアなどによると、同グループが投資目的などで日本人顧客らから集めた計約4500万ニュージーランドドル(約32億円)の大半が償還不能となっているという。

 捜査当局は「深刻または複雑な詐欺犯罪が行われた可能性があると信じる合理的根拠がある」としている。

 グループは、主にニュージーランドへの移住や同国での投資を希望する日本人から出資を募り、8%程度の利息を受けられるなどとうたっていた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス