国際

警官が発砲、インドで2人死亡 移民新法抗議デモ、全国に拡大

 19日、インド北部ウッタルプラデシュ州ラクノーで、法改正に抗議するデモ隊に向かって催涙弾を放つ警官(ロイター=共同)

 【ニューデリー共同】インド南部カルナタカ州マンガルールで19日、移民に関する法改正に抗議するデモ隊と警官隊が衝突して警官隊が発砲し、PTI通信によると、2人が死亡した。改正法が11日に議会を通過して以降、抗議デモは全国に拡大しており、発砲による死者はこれまでに少なくとも6人となった。

 PTIなどによると、デモ隊は警官隊に投石し、警察官約20人も負傷した。北部ウッタルプラデシュ州ラクノーでも銃撃により1人が死亡したが、通行人とみられ、警察は発砲を否定している。

 改正されたのは国籍法で、宗教的迫害を理由とする場合、インド国籍を与える内容。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス