くらし

妊婦加算を廃止、厚労省 別の仕組み新設、来春から

 初診料に「妊婦加算」を上乗せした医療機関の明細書

 厚生労働省は20日、妊婦が外来受診した際に初診料などに上乗せされる「妊婦加算」の廃止を決めた。諮問機関の中央社会保険医療協議会が提案を了承した。妊娠と関係ない診療でも自己負担増となるため批判を浴びて凍結していた。

 代替案として、妊婦に限らず、患者の同意を得た上で、医療機関同士が治療内容や検査結果について情報共有した場合に加算する仕組みを新設する方針。具体的な上乗せ額を決め、来年4月から実施する。

 妊婦加算は妊婦や胎児に配慮した丁寧な診療を促す目的で、2018年4月に導入された。医療サービスの対価である診療報酬に上乗せする形で医療機関に支払われる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス