社会

富岡町、3月に一部避難解除へ 常磐線再開前に駅周辺

 避難指示解除について記者会見する、原子力災害現地対策本部の松本洋平本部長(中央)=20日午前、福島県富岡町

 東京電力福島第1原発事故による帰還困難区域が残る福島県富岡町は20日、JR常磐線夜ノ森駅周辺など一部地区の避難指示を来年3月10日午前6時に解除することで国や県と合意した。政府の原子力災害現地対策本部の松本洋平本部長が富岡町での宮本皓一町長らとの協議後に明らかにした。

 JR東日本は福島県内の常磐線富岡―浪江間で同月14日の運行再開を目指している。宅地などは引き続き立ち入り制限されるが、宮本町長は記者会見で「常磐線開通で訪問者増加を期待している。復興の進展を見てほしい」と述べた。

 原則立ち入り禁止の帰還困難区域の中で、避難指示解除の日程が決まったのは初。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス