国際

習主席「外部勢力の干渉許さず」 香港人権法の米国をけん制

 【マカオ共同】マカオが1999年にポルトガルから中国に返還されて20日で20年を迎え、記念式典がマカオドームで開催された。習近平国家主席が演説、香港やマカオに関する問題で「外部勢力の干渉は絶対許さない」と述べ「香港人権・民主主義法」を成立させた米国を強くけん制した。

 また「マカオ政府が中国中央政府のマカオへの管轄統治権を断固守った」と述べ、「一国二制度」の成功例として称賛した。

 マカオと同様に一国二制度下にある香港では制度の形骸化への懸念から抗議活動が続く。習氏はマカオ統治の成果を誇示し、制度への信頼回復を図ると同時に、香港のデモ隊をけん制したい考えだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス