くらし

熊本城、来春開放エリアを公開 天守閣南に新通路

 熊本城で報道陣に公開された、来春一般開放されるエリアの整備状況=20日、熊本市

 2016年4月の熊本地震で被災した熊本城で、来春一般開放されるエリアの整備状況が20日、報道陣に公開された。既に今年10月、3年半ぶりに公開されたルートからは天守閣を望めるが、20年3月には天守閣南側に通路が新設され、城内をより広く見渡せるようになる。

 新たな通路は長さ約350メートルで、5~7メートルの高さにある。城内のやぐらや石垣、復旧工事の様子を近くで見られる。熊本市の担当者は「工事は着々と進んでいる。今までとは違った高さから眺めることで、新たな発見がある」と話している。

 今一般開放されているのは主に日曜と祝日だが、来春以降は平日も開放する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス