国際

ニュージーランドで銃5万丁回収 モスク乱射事件で政府が規制強化

 ニュージーランド・クライストチャーチで政府によって回収された銃=7月(ゲッティ=共同)

 【キャンベラ共同】ニュージーランド南島クライストチャーチで51人が殺害された3月のモスク(イスラム教礼拝所)銃乱射事件後、銃規制強化の一環として導入された市中の銃買い取りが20日期限を迎え、ナッシュ警察相は5万6千丁以上の銃、約18万8千個の関連部品を回収したと明らかにした。

 ナッシュ氏は「この2週間、人々が進んで正しいことをするようになったため土壇場で急増した」と評価。提出者に謝意を示したが、市中にはまだ多くの銃が残っているとの見方もある。

 ニュージーランド政府は事件で使われた殺傷能力の高い半自動式銃の販売や所持を禁じ、6月に銃の買い取りを始めた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス