経済

NEC、量子計算機に本格参入へ カナダ企業に出資、専門部署も

 NECが開発を目指す量子コンピューターの模型=20日、東京都港区

 NECは20日、次世代の超高速計算機と期待されている量子コンピューター事業に本格参入すると発表した。カナダのベンチャー企業「D―ウエーブ・システムズ」に1千万ドル(約11億円)を来年出資する方向で交渉している。NEC社内にも専門部署を来年1月に立ち上げる。

 無数の選択肢から最適な組み合わせを選び出す計算に特化した「量子アニーリングマシン」を2023年にNECとしての商用化を目指す。D―ウエーブは11年、世界で初めて実用化に成功するなどこの分野を主導しており、技術交流を進める。

 専門部署「量子コンピューティング推進室」は約20人で立ち上げる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス