スポーツ

ボクシング村田ら6選手異常なし トリプル世界戦予備検診

 トリプル世界戦の予備検診を終え、記念撮影するWBAミドル級王者の村田諒太(左)と挑戦者のスティーブン・バトラー=20日午後、東京都内

 ボクシングのトリプル世界戦(23日・横浜アリーナ)の予備検診が20日、東京都内で行われ、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級チャンピオンの村田諒太ら6選手は、いずれも異常なしと診断された。

 同級8位のスティーブン・バトラーとの初防衛戦に臨む村田は身長で1・7センチ、胸囲は6センチ上回った。「測り方で違うので、あまりあてにならない」と関心を示さず「いい練習ができたので、あとは結果を出すだけ」と語った。

 国際ボクシング連盟(IBF)フライ級王座に挑む八重樫東は、王者モルティ・ムザラネよりリーチが11センチ短かったが「織り込み済み」と意に介さなかった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス