経済

鈴木総務次官、処分案漏らし更迭 かんぽ不正で日本郵政副社長に

 記者会見する高市総務相=20日午後、総務省

 高市早苗総務相は20日、かんぽ生命保険と日本郵便の保険不正販売問題を巡り、行政処分案の検討状況を日本郵政グループに漏らしたとして、鈴木茂樹総務事務次官を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。鈴木氏の20日付の辞職を受け入れ事実上更迭した。情報を漏らした相手は元総務次官の鈴木康雄日本郵政上級副社長。高市氏は「信用を失墜させる行為で誠に残念だ」と陳謝。給与3カ月分を自主返納する。

 高市氏は記者会見で「同じ旧郵政省採用の先輩後輩の関係で、やむを得ない事情があったと推察する」と述べ、監督官庁の出身者が日本郵政の幹部に就任していたことが問題だったとの認識を示した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス