社会

大分県警警部が記者にセクハラか 4人で酒席会合中、処分検討

 大分県警大分中央署の40代男性警部が、酒席でテレビ局の20代女性記者の体を触るなどのセクハラ行為をしたとして、県警が調査していることが20日、捜査関係者への取材で分かった。処分を検討する。

 捜査関係者によると、警部は今年秋ごろ、大分市内の飲食店で、記者の脚を服の上から触ったり、帰り際に抱きついたりしたという。当時、別の県警関係者と、他の報道機関の20代女性記者の計4人で会合をしていた。

 県警監察課は「調査しているかどうかを含めて答えられない」とコメント。記者の勤務先のテレビ局は「事案があったかどうかも含めて答えられない」としている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス