くらし

保育士不足で助成施設に空き定員 待機児童対策で会計検査院調査

 待機児童対策として国の助成で整備された保育施設について、会計検査院が25都道府県の166市区町村を抽出して調べたところ、2018年10月時点で2669施設の定員に空きがあり、うち222施設が理由に「保育士不足」を挙げたことが20日、分かった。保育の受け皿は増えたものの、保育士不足で受け入れが進んでいない現状が改めて浮き彫りとなった。

 政府は17年度末までの5年間に待機児童をなくすとの目標を掲げて保育施設の整備を進め、約53万人の受け皿を確保したとしている。

 待機児童数は、厚生労働省によると今年4月時点で約1万6千人。潜在的待機児童は、さらに多いとされる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス