経済

NY株一時、最高値 米中懸念、一段と後退

 【ニューヨーク共同】20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、前日からの上げ幅が一時230ドルを超え、取引時間中の最高値を更新した。午前10時現在は前日比102・16ドル高の2万8479・12ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は21・19ポイント高の8908・41。

 米中貿易協議の「第1段階」合意の署名に向けた手続きが進んでいるとの見方が広がり、貿易摩擦への懸念が一段と後退。米経済の先行きを期待した買い注文が優勢となった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス