国際

2月4日に一般教書演説 米大統領、弾劾巡る発言に注目

 一般教書演説でのトランプ米大統領(手前)とペロシ下院議長(奥右)=2月5日、米ワシントン(UPI=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領(共和党)とペロシ下院議長(民主党)は20日、大統領が年頭に議会で施政方針を示す最重要演説の一つ、一般教書演説を来年2月4日に行うことで一致した。上下両院合同会議を下院本会議場で開き演説するのが慣例。トランプ氏は今月18日に民主党が多数派の下院で弾劾訴追されており、弾劾を巡る発言が注目される。

 ペロシ氏は20日、トランプ氏に書簡で「憲法を尊重するという精神に基づき、下院本会議場での一般教書演説に招待する」と呼び掛け、同氏が受け入れた。

 演説では外交や内政の指針を示す。来年11月の大統領選に向けた発言も焦点となる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス