政治

首里城壁のライトアップ再開 菅氏が方針表明、観光客減対策

 首里城視察後、取材に応じる菅官房長官=21日午後、那覇市

 菅義偉官房長官は21日、那覇市を訪れ、火災で正殿などが焼失した首里城を視察した。終了後、記者団に対し、観光客減への対策として、火災前に実施していた城壁のライトアップを同日から再開する方針を表明。プロジェクションマッピングを活用した観光振興策を年度内に始める考えも示した。「被害の大きさを実感した。復元へ全力を尽くす」と強調した。

 視察では、沖縄県の玉城デニー知事らから、焼失の状況と復元する際の課題を巡り説明を受けた。菅氏は復元に向けた関係閣僚会議の議長を務めており、今後の取り組みの参考にしたい考えだ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス