国際

「日本海」単独表記を尊重 国際機関仲裁案、検討継続

 日本海の呼称について韓国が「東海」の併記を求めている問題を巡り、海域の国際的呼称の指針を定める国際水路機関(IHO)が21日までに関係国を仲裁する事務局案を公表した。日本海を単独表記している現行の指針を尊重する一方で、海域の表記を今後も検討するとしている。

 「日本海が国際的に確立した唯一の呼称」と主張する日本と、韓国側の双方に一定の配慮をした内容で、来年4月のIHO総会で本格的に議論される見通し。

 韓国側が問題としているのは、各国が海図を作成する際に参照し、国際呼称の基準となっているIHOの刊行物「大洋と海の境界」にある日本海の単独表記。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス