スポーツ

モスクワ五輪「幻の代表」集合 ボイコット、40年前の苦い記憶

 モスクワ五輪の「幻の代表」の「集いの会」で歓談する、JOCの山下泰裕会長(手前右端)と瀬古利彦氏(同左端)=21日午後、東京都新宿区の日本青年館

 東西冷戦下に日本がボイコットした1980年モスクワ五輪の「幻の代表」の「集いの会」が21日、東京都内で開かれ、葛藤、苦悩を抱えてきた82人が一堂に会した。当時は結団式もなく、競技の枠を超えて集まるのは初めて。柔道男子代表だった日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は「胸を張って『代表だった』と言えるようになれば」と語った。

 来年の東京五輪は当時から40年の節目で、JOCが企画した。ソ連のアフガニスタン侵攻に抗議した米国主導の下、日本など西側諸国が参加しなかった問題はスポーツ界の苦い記憶として残る。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス