国際

EU離脱で日英首脳が電話会談 経済への影響「最小限に」で一致

 安倍晋三首相は21日、英国のジョンソン首相と電話会談し、実現が確実視されている英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、日系企業の経済活動や世界経済への影響を最小限にする重要性で一致した。

 電話会談は約20分間。安倍首相は、英総選挙でジョンソン氏率いる与党が大勝したことに祝意を伝えた上で「日英同盟以来の良好な日英関係を一層強化すべく、ボリスと手を携えて協力していきたい」と表明した。

 両国間の新たな経済連携については「野心的な経済パートナーシップの構築に迅速に取り組みたい」と呼び掛けた。ジョンソン氏は「EU離脱後、可及的速やかに議論したい」と応じた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス