スポーツ

大谷の投手復帰は5月の可能性 エンゼルスGMが示唆

 エンゼルスの大谷翔平

 【ラスベガス共同】米大リーグ、エンゼルスのビリー・エプラー・ゼネラルマネジャー(GM)は21日、電話会見に応じ、昨秋に右肘手術を受けた大谷翔平の投手復帰の時期が5月にずれ込む可能性を示唆した。同GMは「(開幕後)すぐに投げるか、少し遅らせるか議論中」と語った。

 大谷は今季、右肘手術の影響で打者に専念した。投手のリハビリは9月の左膝手術で中断があったが、10月に屋外でのキャッチボールを再開するなどし、球団が19日に終了を明らかにしていた。

 投打の「二刀流」復活を目指す来季は投球回数などで制限を受けるとみられ、来年1月に起用法が発表される予定。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス