スポーツ

ボッチャ広瀬隆喜が東京パラ代表 日本選手権で優勝

 脳性まひ(BC2)決勝 優勝を確信し、雄たけびを上げる広瀬隆喜=豊田市総合体育館

 東京パラリンピック代表選考会を兼ねたボッチャの日本選手権最終日は22日、愛知県の豊田市総合体育館で行われ、脳性まひBC2クラスは広瀬隆喜(西尾レントオール)が杉村英孝(伊豆介護センター)を4―3で破って優勝し、4大会連続の代表に内定した。

 今大会は4クラスの各優勝者が代表に内定。パラリンピックには開催国枠で10選手が出場し、残りの6選手は来年4月末の世界ランキングなどを基に選考される。個人戦には各クラスの世界ランク最上位選手が出場する見込み。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス