飛行失敗の新型宇宙船が帰還 米砂漠地帯に着陸

 22日、米ニューメキシコ州の砂漠地帯に着陸したボーイングの新型有人宇宙船スターライナー(NASAテレビから)

 【ワシントン共同】無人試験飛行時のエンジン制御失敗で国際宇宙ステーションへの接続を断念した、米ボーイングの新型有人宇宙船「スターライナー」が22日、ニューメキシコ州の砂漠地帯に着陸した。計画では着陸は28日の予定だった。

 宇宙船は上空で三つのパラシュートを広げ、機体下部のエアバッグを開いてゆっくり着陸した。

 ボーイングと米航空宇宙局(NASA)は、エンジン制御の失敗は自動運転のタイマーの不具合が原因とみており、詳しく調べる。スターライナーは20日、人体への負荷などのデータを集めるマネキンを載せてフロリダ州から打ち上げられた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス