芸能・文化

服飾デザイナー、ウンガロ氏死去 自らの名前冠したブランドで名声

 2003年のパリ・コレクションで喝采を浴びるエマニュエル・ウンガロ氏(AP=共同)

 エマニュエル・ウンガロ氏(フランスの服飾デザイナー)フランスのメディアによると21日、パリで死去、86歳。死因は不明だが、約2年前から体調を崩していたとされる。

 33年、フランス南部エクサンプロバンスでイタリア系移民の家庭に生まれ、50年代からパリでスペイン出身のデザイナー、クリストバル・バレンシアガの下で学んだ。65年に自らの名前を冠したブランドを立ち上げ、色鮮やかでプリントを駆使したデザインで世界的な名声を得た。2004年に一線を退いた。(パリ共同)


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス