政治

河野防衛相、再エネ電力調達指示 自衛隊施設で

 河野太郎防衛相

 河野太郎防衛相は23日の記者会見で、全国の防衛省や自衛隊の施設について、太陽光など再生可能エネルギーで発電する事業者から可能な限り電力を調達するよう指示したと発表した。地球温暖化対策の一環で、来年度から試験的に開始する。大型台風による災害で自衛隊の現場派遣が相次いだことが念頭にあるとみられる。

 河野氏は「気候変動は人ごとではない。(電力調達の在り方について)見直しをしっかり行う」と強調した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス