芸能・文化

NHK仙台職員が約54万円着服 経理担当が架空入力、懲戒免職

 NHK仙台放送局の経理担当の男性職員(43)が不正経理で約54万円を着服していたとして、NHKは23日、職員を30日付で懲戒免職処分とすると発表した。

 NHKによると、職員は今年5~12月、外部業者などへの架空の支払いデータを入力して13件の不正経理をし、自分の口座に振り込ませて54万750円を着服した。

 着服した金はパチンコなどによる借金の返済や生活費に充てていたが、既に全額弁済したという。職員は体調不良で9月から欠勤中だったが、早朝や休日に出勤してパソコンを操作し、不正を行っていたという。

 NHKは「業務管理を一層徹底してまいります」とコメントした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス