芸能・文化

山下大輝が珍習慣を告白 映画「ヒロアカ」あいさつ

 アニメ映画「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ ライジング」の公開初日舞台あいさつが東京都内で行われ、山下大輝、井上芳雄ら声優陣が、個性的な習慣にまつわるトークを繰り広げた。

 「受け継がれる個性」が作品のテーマ。それにちなんで代々受け継がれてきたことや、個性的な習慣について問われた山下は「山下家では小さい頃から、ステーキのことを『キリキリお肉』と呼んでいる」と告白。「高校に進学してから『みんなはキリキリお肉って言わないんだ』と気付いたんです」と笑わせた。

 山下に影響されたのか、福岡県出身の井上も「ギョーザのときは、甘く煮た厚揚げを一緒に食べる。上京するまで、セットで食べる決まりだと思っていた」と食べ物のエピソードを紹介。「今でも自分でギョーザを作るときは、厚揚げを甘く煮ています」と語った。

 同映画は、総人口の約8割が超常能力を持って生まれる世界で、主人公デク(山下)が、一人前のヒーローを目指して成長していく姿を描く物語。劇場版第2弾となる今作は、最凶の敵・ナイン(井上)に立ち向かう。

 舞台あいさつには他に岡本信彦、梶裕貴、佐倉綾音、黒沢ともよ、寺崎裕香が出席した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス