5カ月女児に米国で心臓移植を 両親ら、厚労省で募金呼び掛け

 重い心臓病を患う生後5カ月の樋口ゆいのちゃん=東京都豊島区=の両親や支援者が23日、厚生労働省で記者会見し、米国で心臓移植を受けるための募金への協力を呼び掛けた。手術や渡航に必要な3億1千万円を集めることを目指している。

 ゆいのちゃんは生後1カ月を過ぎた今年9月、心臓の働きが悪くなり心不全を起こす拡張型心筋症と診断された。現在、補助人工心臓を付けて東京女子医大病院に入院している。主治医によると、早期の移植が必要という。

 募金方法は「ゆいちゃんを救う会」のホームページ、https://yuichan-heart.comに記載されている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス