芸能・文化

将棋の折田アマ敗れ、1勝1敗に プロ棋士編入試験

 棋士編入試験5番勝負の第2局で出口若武四段に敗れた折田翔吾さん=23日、大阪市

 将棋のプロ棋士を目指すアマチュア強豪、折田翔吾さん(30)=大阪市、将棋講師=は23日、大阪市の関西将棋会館で棋士編入試験5番勝負の第2局に臨み、出口若武四段(24)に敗れ、対戦成績は1勝1敗となった。試験はプロ新人棋士5人と対戦し、3勝すれば合格となる。

 初黒星を喫した折田さんは「内容が芳しくなかった。また、鍛え直して頑張ります」と話した。第3局は来年1月27日、山本博志四段(23)と対戦する。

 折田さんはプロ棋士養成機関「奨励会」の元三段で、将棋ユーチューバーとしても活躍している。現行の試験には今泉健司四段(46)が受験、2014年に合格した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス