経済

ヤフーとLINE、最終合意 経営統合、利用者1億人超

 ソフトバンクと韓国ネイバーは23日、それぞれの傘下にある、ヤフーの親会社Zホールディングス(HD)とLINE(ライン)の経営統合で最終合意の契約を締結したと発表した。今後、公正取引委員会による独禁法の審査などを経て、来年10月までに統合手続きを完了させる。1億人超の利用者を抱えるインターネット企業が誕生することになる。

 ソフトバンクとネイバーが50%ずつ保有する共同出資会社の下にZHDを置き、ヤフーとLINEがZHDの完全子会社としてぶら下がる計画。ZHDは上場を維持し、共同出資会社が株式の約65%を握る親会社となる。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス