経済

かんぽ不正、3社長の進退問題へ 日本郵政グループが報告書提出

 かんぽ生命保険や日本郵便などが入る日本郵政グループの看板=23日午後、東京都千代田区

 日本郵政グループは23日、かんぽ生命保険と日本郵便による不正販売問題の原因や再発防止に関する報告書を金融庁と総務省に提出した。両省庁は27日に厳しい行政処分を発動し、経営責任の明確化を要求する。日本郵政の長門正貢社長、かんぽ生命の植平光彦社長、日本郵便の横山邦男社長の3人の進退問題に発展する。

 20日に総務事務次官を事実上更迭された鈴木茂樹氏から、行政処分案の検討状況を聞き出していた元総務次官の鈴木康雄日本郵政上級副社長の去就も焦点になる。

 日本郵政グループは行政処分が出る27日に記者会見を開くことを検討している。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス