政治

滋賀・甲良町長、再び出直し選へ 議会から不信任で

 滋賀県甲良町議会で不信任決議が可決された野瀬喜久男町長(69)が23日、失職を選び町長選に再出馬すると表明した。同町では、議会で選挙不正疑惑などを追及された野瀬氏が今年1月に辞職。2月の出直し選で無投票再選されており、約1年間に2回の出直し選が行われる異例の事態となる。

 選挙日程は24日の選挙管理委員会で決まる予定だが、もともと任期満了に伴う町議選が来年1月26日に予定されており、町長選とダブル選になる可能性もある。

 野瀬氏は、議会を解散する選択肢もあったが、失職を選んだ理由について「解散しても、再び不信任決議案が通る可能性がある」と説明している。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス