社会

関空連絡橋衝突、元船長不起訴に 昨年9月の台風21号

 関西空港で昨年9月、台風21号の影響でタンカー宝運丸(2591トン)が連絡橋に衝突した事故で、大阪地検は23日、業務上過失往来危険の疑いで書類送検された元船長の男性(41)を嫌疑不十分で不起訴処分とした。「捜査を尽くしたが、起訴するに足るまでの事実が認定できなかった」としている。

 関空近くの海域でいかり一つを下ろして停泊させたが、台風21号の波風の影響で引きずられる「走錨」状態に陥って連絡橋に衝突し、船を大破させた疑いがあるとして、関西空港海上保安航空基地が9月に書類送検していた。

 事故を受け連絡橋が破損して、関空では旅行客ら約8千人が孤立した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス